バロック・スペイン画家一覧

ホセ・デ・リベーラ(1591-1652)スペイン/老いた聖人の衰えた肉体やたるんだ皮膚をも美化せずに容赦なく描写する写実表現はカラヴァッジョの影響、また庶民をモデルにした写実主義的な画風を確立。 スルバラン(1598-1664)スペイン/革新性やダイナミックな躍動感には欠けるが、キリスト教を題材にした作品には深い宗教的感情が表現、スペインのカラヴァッジョ ベラスケス(1599-1660)スペイン/美化せずあるがままの姿を描く写実描写の天才「鏡のようなレアリスム」、フェリペ4世の宮廷画家「画家の中の画家」 アロンソ・カーノ(1601-1667)スペイン/巨匠ベラスケス、スルバランらと共にひとつの時代を築いた ムリーリョ(1617-1682)スペイン/晩年は画面全体が薄もやに覆われたような夢幻的な作風
 

ディエゴ・ベラスケス作品

  1. 卵を料理する老女と少年(1618)ベラスケス

  2. 無原罪の御宿り(1619)ベラスケス

  3. セビリアの水売り(1623)ベラスケス

  4. 黒衣のフェリペ4世(1624-27)ベラスケス

  5. バッカスの勝利(1628)ベラスケス/ボデゴンと神話の合体

  6. フェリペ4世の肖像(1631-32)ベラスケス

  7. ブレダの開城(1634-35)ベラスケス

  8. 皇太子バルタサール・カルロス騎馬像(1634-35)ベラスケス

  9. 道化師ファン・カラバース(1639)ベラスケス

  10. セバスチャン・デ・モラ(1645)ベラスケス

  11. 宮廷道化師エル・プリーモ(1645)ベラスケス

  12. 教皇インノケンティウス10世(1650)ベラスケス

  13. ラス・メニーナス(1656)ベラスケス/謎かけのような構成、人物たちにはそれぞれ微妙に強さの異なる光があたり空間の奥行を表現

  14. 鏡の前のヴィーナス(1648-1651)ベラスケス/唯一現存するイタリアで描いた裸婦像

各画家の代表作品

静物(1633)スルバラン えび足の少年(1642)ホセ・デ・リベーラ ラス・メニーナス(1656)ベラスケス/謎かけのような構成、人物たちにはそれぞれ微妙に強さの異なる光があたり空間の奥行を表現 無原罪の御宿り(1678)ムリーリョ/約束事を省略した宗教画 天使に支えられるキリスト(1650)アロンソ・カーノ
PAGE TOP